歯肉炎 歯磨き粉 ランキング

歯肉炎に効果のある歯磨き粉ランキング

 

歯肉炎に効果のある歯磨き粉をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

 

今売れている人気の歯磨き粉をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯肉炎,歯磨き粉,ランキング

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特性は

 

・いちばんパワフルなブラジル産プロポリスを含有

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果がとても高いというのが特徴で、その殺菌力で歯周病を防ぎます。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有益な成分が行き渡りにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を滅菌し歯周病を予防します。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  滅菌効果によって歯垢の形成を抑制し歯周病を防ぎます。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血の巡りを良くし歯茎を活発化させることによって歯周病を防ぎます。

 

・キシリトール

 

  虫歯原因菌の成長を阻止します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症効果がありますので、歯周病の炎症を鎮静化します。

 

・茶エキス

 

  消臭効果がありますので歯周病によるお口の臭いに効果を発揮してくれます。

 

・トウキエキス

 

  血流活性化作用、抗炎症作用がありますので歯周病の病状を緩和します。

 

・液体タイプなので、口腔内の隅から隅まで馴染ませることができます。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は含有しておりません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯肉炎,歯磨き粉,ランキング

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特性

 

・総数750万本も売り上げ実績のある話題の商品。

 

・滅菌作用のある薬用成分が歯周病菌だけではなく虫歯菌も抑制します。

 

・歯茎の血流を改善して、歯周病を防ぎます。

 

・生薬より抽出されてたグリチルリチン酸であったりフラボノイドが歯周病を防ぎます。

 

・強力なブラジル産プロポリスを含有。

 

・歯科医師との共同開発

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯肉炎,歯磨き粉,ランキング

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特性

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションというのは味わいや衛生的な側面、パッケージに表記されている成分などが間違いないのか、原材料などの項目があり、専門家や批評家が審査を行います。

 

・良質の天王柿の柿渋エキスを含有

 

  柿渋には防腐作用や消毒作用がありますので、歯周病の症状を鎮静化します。

 

・界面活性剤や発泡剤を含んでいません。

 

・サンゴや貝殻など、自然界由来の研磨剤を利用

 

・なたまめエキスを配合

 

  血流促進作用や免疫性のアップ、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病の改善に効果的です。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の予防に効果的です。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯肉炎,歯磨き粉,ランキング

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・ハイドロキシアパタイト

 

  歯のダメージを修復し白く輝かせる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・マクロゴール400

 

  タバコのヤニなど歯に沈着した汚れを溶解

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒する

 

・グルチルリチン酸

 

  歯ぐきの炎症を抑制する

 

・ゼオライト

 

  歯石の沈着を防止し虫歯を予防

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制し、歯周病菌を消毒する

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血やむくみを抑制する

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯肉炎の原因菌を殺菌する

 

・これ一本でお口の悩みの大部分をカバーします。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

ポリリンEXシリーズ

 

 

歯肉炎,歯磨き粉,ランキング

 

 

ポリリンEXシリーズの特性

 

・ホワイトニングと歯周病予防を一緒に実現可能

 

・45日間の全額返金保証付き

 

・研磨剤を含有しない

 

・ポリリン酸

 

  歯の黄ばみの元となるステインの除去や沈着防止、抗菌剤の作用をパワーアップさせる

 

・歯のくすみ、歯垢、口臭、歯周病の予防

 

 

>>薬用ポリリンジェルEX

 

 

 

 

 

 

 

歯肉炎というのは何なのでしょうか?

 

基本的な所から取り上げていきたいと思います。

 

どうして歯肉炎になってしまうのか、歯肉炎の分かりやすい病状は?

 

といった疑問を解き明かしていこうと思います。

 

さらには歯肉炎にならないために必要な対処法や予防歯磨きのやり方なんかも紹介。

 

どのような歯磨き粉をえらべばベストなのかにも触れていきます。

 

実際のところ、歯肉炎になった場合、どのようにして治せばいいのか市販薬に効果的なものはあるのかもあわせて紹介しています。

 

 

 

 

 

 

歯肉炎とは?

 

歯肉炎とは歯周病の初期段階のことで、歯磨きによる出血や歯ぐきが炎症を起こしむくんでいる状態を指します。

 

 

 

・歯肉炎が起きる原因

 

毎日丁寧に歯磨きをしていても、磨き残しがありすべての歯をしっかり磨ききることはできません。

 

歯肉炎の一番の原因は磨き残しなどから歯と歯茎の間に残った歯垢(プラーク)です。

 

歯垢は食べかすではなく実は細菌の塊です。

 

この細菌の塊が毒素を出し、歯茎に炎症が起こり出血したりします。

 

 

 

・歯肉炎の症状

 

歯肉炎の症状は歯茎の炎症によるむくみと出血です。

 

この状態では痛みを感じないことも多く、気づかない方も多いです。

 

 

 

・歯肉炎の対策方法

 

歯肉炎になってから対策をするのではなく、その前から予防することが大事です。

 

一番大事なことは歯垢を残さないようにすることです。

 

そのままにしておくと歯石になってしまって、歯を磨いただけでは取れなくなってしまいます。

 

なので歯石になってしまう前に専用の歯磨き粉と丁寧なブラッシングを心がけましょう。

 

歯と歯茎の間の歯周ポケットに雑菌がたまりやすいので、そこを丁寧に磨いていきます。

 

歯ブラシを歯と歯茎の間に斜めに当てて小刻みに磨いていきましょう。

 

その時に強くゴシゴシ磨くのではなく、毛先を使って汚れをかき出すような感じで磨くといいでしょう。

 

 

 

 

 

歯肉炎の予防におすすめの歯ブラシとは?

 

歯肉炎を予防するためには、歯垢がたまらないように特に歯と歯茎の間を丁寧に磨きたいので、ブラシの毛先が細く、1本1本磨けるようにコンパクトなものがいいです。

 

また、歯茎や象牙質を傷つけないように柔らかいものにしてください。

 

 

 

 

 

歯磨き粉の選び方

 

歯肉炎に効果のある歯磨き粉と言ってもいろいろな種類のものが発売され、それぞれに特徴があるものも多いのでどれを選んでいいのか迷ってしまうと思います。

 

そこで歯磨き粉について少し詳しく書いていきたいと思います。

 

歯磨き粉は大きく分けると3つに分類されます。

 

 

 

・化粧品

 

  薬用成分がはいいていない歯磨き粉で、発泡剤や研磨剤などが含まれていて、歯を磨くということに特化した商品です。

 

  石鹸で磨いて綺麗にするといった感じでしょうか。

 

  一般的な歯磨き粉がこれに当たります。

 

・医薬部外品

 

  化粧品の成分にプラスして、虫歯や歯周病予防などの有効成分が配合されています。

 

  医薬部外品は予防することが目的のようです。

 

・医薬品

 

  薬と一緒で症状を治すのが目的です。

 

  症状がある程度進んでくると、予防成分が含まれているだけでは治りません。

 

  配合している薬用成分で治癒する力が認められてものになります。

 

 

 

 

 

歯肉炎を治す歯磨きのポイントとは?

 

力を入れ過ぎない

 

歯肉炎を治すための歯の磨き方は力を入れ過ぎないということです。

 

綺麗に磨こうとして力を入れてゴシゴシ磨くと、かえって磨き残しができてしまいます。

 

歯ブラシは毛先を使って磨くのが正しいので力を入れ過ぎるのはよくありません。

 

磨き残しを作らないためには歯を磨く順番を決めることも大切です。

 

自分のやりやすい順番で構いませんので、順番を決めてしまいましょう。

 

 

 

歯ブラシを斜めに当てる

 

歯と歯茎の間の歯周ポケットを磨くときには歯ブラシを斜めに当てて、毛先が歯周ポケットの中に届くようにしましょう。

 

歯ブラシの毛先を使って歯周ポケットの中の汚れをかき出すイメージで磨くようにしてください。

 

 

 

歯と歯の間も磨く

 

歯と歯の間を磨くといっても普通にはブラシで磨いても磨ききれません。

 

デンタルフロスや歯間ブラシを併用しましょう。

 

デンタルフロスは糸ようじとも言いますが、糸を使って歯と歯の間を掃除します。

 

歯と歯の間が狭いときにはデンタルフロスを使って掃除しますが、歯と歯と間が広い場合には、なるべく歯間ブラシを使いましょう。

 

歯間ブラシには太さが何段階かありますから、自分に合ったものを使ってください。

 

歯間ブラシの一番細いものでも、それなりに歯と歯の間が空いていないと使えません。

 

その場合はデンタルフロスを使いましょう。

 

 

 

 

 

1日1回は完全に歯垢を取り除く?

 

いままで歯磨きをするのは1日に3回、毎食後に必ずするのがいいといわれてきました。

 

食後食べかすが残って細菌が繁殖し、虫歯や歯周病になるリスクがあるからです。

 

しかし、最近は回数にかかわらずに1日に1回でいいので、完全に歯垢を取り除くことのほうが歯周病を予防するには重要ということが分かってきました。

 

なぜかというと、歯垢は増殖するのに24時間以上かかるからです。

 

1度完全に除去すれば、再び増殖する前にまた歯を磨くことになるからそれで十分だということです。

 

ただし、これはすべての歯をきれいに磨けた場合のことです。

 

いくら丁寧に磨いているつもりでも、案外磨き残しがあって、いつの間にか歯石が付いているなんてことはざらにあります。

 

なので、1日に何回か磨くようにして、なるべく磨き残しができないようにしたほうがいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

歯肉炎を治すための歯ブラシの選び方

 

歯ブラシは柔らかめ

 

ハブラシは柔らかめのものを使うようにしましょう。

 

毛先が柔らかいと毛先を使って細かいところも丁寧に磨くことができます。

 

特に菌が増殖しやすい歯周ポケットを丁寧に磨くことができます。

 

また、歯肉炎によって歯茎が下がって露出したやわらかい象牙質の部分を気づ付けないためにもやわらかいものがいいです。

 

象牙質の部分を気づ付けてしまうと、その傷の中で菌が増殖してしまって良くないからです。

 

 

 

歯ブラシのヘッドはコンパクト

 

歯ブラシのヘッドはコンパクトなものを選ぶようにしましょう。

 

ヘッドが大きいと狭いところまではいっていかないので、歯ブラシの毛先が当たらないところが出てきてしまいます。

 

コンパクトなヘッドの歯ブラシで1本1本、丁寧に磨くようにしてください。

 

 

 

 

まとめ

 

歯磨き粉は自分がどのような目的で使用するかによっても違ってきます。

 

・虫歯を予防したい

 

・歯周病を予防したい

 

・歯槽膿漏を治したい

 

・ホワイトニングをして歯を白くしたい

 

・口臭を予防したい

 

など目的は人それぞれです。

 

 

 

自分の目的に合った有効成分が配合された歯磨き粉を選ぶようにしましょう。